STC概要

STC (香港標準及び検定センター)は、香港初の非営利的な独立検査・認証団体です。1963年の創立以来、STCは専門的、かつ信頼できる幅広い試験と検査サービスを提供し続け、関連する技術・安全面の基準を満たす正確な報告を作成し、業界の歩調に合わせ発展を維持しております。

検査サービスのグローバルな需要に対応するべく、STCは上海、東莞市(とうかんし/Dongguan)、深圳市(しんせんし/Shenzhen)、義烏市(ぎうし/Yiwu)、北京にもラボ及び/またはオフィスを設立しただけでなく、ドイツ、イタリア、アメリカ、そしてベトナムにも進出しております。STCはこれからも海外市場においてのさらなる展開を目指します。

今後の展望

世界的に高く評価される適合性評価業界のリーダーになれるよう努めております。

企業理念

製造業者、消費者、政府を含む社会の発展に貢献し、製品の品質と安全基準の向上を使命とします。

企業状況

 

コーポレート・ガバナンス

当社は、企業の運営における公正性、透明性、説明責任、そして責任の明確化を目指し、コーポレート・ガバナンスに力を入れております。その達成に向けての不可欠な取り組みとして、健全なガバナンス体制を採用し、当社の経営のあらゆる面において優良な方針と機能を取り入れております。

STCの継続的な成功にとって、良好なコーポレート・ガバナンス体制は必要不可欠であると信じております。当社は、ビジネスの運営と拡大に見合うコーポレート・ガバナンス体制を強化しながら、毎年コーポレート・ガバナンスの検討を行うことにより、利害関係者の期待と要望に応える所存です。

非営利団体として、当社は株主に管理されることなく、役員の全員がコーポレート・ガバナンス体制の中心になっております。役員と管理層には明確な役割分担が実現しており、6名の非業務執行役員は多様な学術と専業の分野において豊富な経験を持ち、四半期ごとの会議でバランスのとれた効率的なリーダーシップを発揮しております。最高経営責任者は役員会に対して説明責任を持ち、役員会の決定を経営、運営、財務、パフォーマンス目標や基準などあらゆる面における効率的な実行を心掛けております。

もちろん、ビジネスを成功させるには、優れた倫理とガバナンスは必要不可欠です。スタッフの能力と倫理基準を維持するため、スタッフ・ハンドブックには行動規範が含まれており、スタッフはそれを厳守しなければなりません。

 

corporate brochure_cover_2017.png

 

 会社案内をダウンロード