ア メ リ カ 玩 具 安 全

2007年から2008年までの大量な玩具リコールを経て、2008年8月14日、消費者製品安全性改善法(CPSIA)は公法110314号として立法されました。それから、玩具と子供向け製品に対し新しい安全要求事項が制定されました。その法令は米国消費者製品安全委員会(CPSC)にさらに大きな権限を与え、予算も元々の8千万米ドルから2014年の1億3千6百万米ドルに増え、CPSIACPSCの規制に違反したときの罰則もより厳しくなりました。

2012年1月1日から、安全規則によりほぼ全ての子供向け製品に第三者の試験が必要となりました。当該試験はCPSCが認証したラボで実施しなければならず、CPSCはそれぞれの製品の試験に対し特定のラボを指定します。

  • 消費者製品安全改善法(CPSIA )
    • 鉛含有量
    • フタル酸エステル(DEHPDBPBBPDINPDIDPDnOPDnHPなど)
  • 米国試験材料協会 ASTM F963
    • 鋭い先端、鋭い縁、小さな部品
    • 燃焼性
    • 塗料鉛含有量(16 CFR 1303
  • カドミウム全量 HR4428
  • 抗菌試験 USP51/61/62
  • 危険美術材料ラベリング LHAMA (ASTM D4236)
  • カリフォルニア州法プロポジション65

use-logo.png